efb9980e0a5fe2aa23ee82462c591caf_s


結婚式の持込料って、どーも納得いきません。
いや、まぁ、持ち込んでほしくないという気持ちは分かりますとも。
どんな業者、どんなドレスが来るか分かりませんもんね。
お客さんが持ち込んだドレスのチャックを挙げると、チャックが壊れていたことがある。
なんて苦労話をしてくれたプランナーさんもいらっしゃいました。
トラブルなく式を終えたい会場としては、慣れた業者と仕事をしたいというのも無理はないのかも。

だけど。だけどですよ!

式場の衣装に着たいドレスが見つからなくても、持込不可の式場なので外部で探せない。
それってどうなの?
その式場って、本当にお客である花嫁、花婿のことを考えてくれてるの?
そう思ってしまって、凄くモヤモヤしました。
しかも、持ち込み不可の式場に限って「うちは品ぞろえが多いですから、絶対に気に入るドレスが見つかりますよ!」なんて自信満々に進めてくれるんですよね。
そんな風にいわれたから決めたのに、いざ見てみるとやっぱり気に入るドレスが無い。
無いもんは無いから持ち込みしたい→無理です。の対応だもの。

会場にとっては数ある式の一つかも知れませんが、挙式する当人にとってはとっても大事な一度のこと。
思い描く式を挙げたいのに、価格の面や持込不可という面で諦めざるを得ないのって、悲し過ぎるじゃないですか。


なので、私は持込み不可の式場では、いくら素敵な会場でも絶対に結婚式をあげたくなかったので、
式場巡りの際に持ち込みについてプランナーさんにツッコミまくりました。
この持ち込みに関するお話の対応で、なんとなくその式場のスタンスがつかめます。

基本的に持ち込んでほしくないというのは、どの会場でもほとんど同じです。
(中にはびっくりするくらい持込ウェルカム!な素敵な会場もありましたけど)
それでも持込に関するこだわりを話すと、契約前なら、普通は無理なんですけど、
それさえ通れば契約していただけるのであれば、今回だけ、特別に、持ち込みする許可を……。
と言ってくれるところがとっても多いです。

まぁ、特別に許可を出してくれたところでは、式を挙げたくありませんでしたが。

そういう式場は、契約後だったら塩対応なんだろうなぁ。とか。
このあと何か変更点があっても融通が利かなそう。とか。
営業のためにポリシー曲げるのってどうなの?とか。
(例えば、キャンドルの持込禁止の理由が衛生上の理由とかなのに、(テーブルに置くものは禁止の方針)今回だけ特別に許可…とか。え?ってなりますよ)
なんかモヤモヤしちゃったんですよね。

同じ持込を特別に許可でも、万一の時にドレスに針を通しても良いという条件で、購入ドレスのみ持込可、とかだったら納得できるんですけどね。
逆に契約前段階でも、○○は絶対に持ち込みできません。と、ズバッと言ってくれた会場の方が気持ち良かったりします。

基本的に、ゲストハウス系、専門式場は持ち込みに厳しいです。
一日貸し切りなので自由な式を~なんて言っても、悲しいかな、持ち込みは自由にできません。

ホテルは意外と持ち込みに柔軟に対応してくれるところが多い印象です。
あくまでゲストハウスに比べればですが。
持ち込み料さえ払えば持ち込みできる所が多いですね。
まぁこれもホテルによりますが。

レストランはその点柔軟です。ただ、レストラン系はどうしても足りない点が目につきます。
ゲスト用の更衣室や、クローク等。
80名対応可能と書かれているレストランでも、80名待ち合いできる控室を持つレストランは少ないです。
座って待つ場所がすくなく、開始時間まで立ちっぱなしとか。
人数が多いと待ち合い室が通勤電車のような状態ってことも。
レストランウェディングは本当にホスピタリティ溢れる素敵な会場が多いのですが、ハード面で難がでてしまうんですよね。チャペルもありませんし。(あっても、とってつけたようなチャペルだったり)

理想の会場を見つけるのって、本当に難しいです。
外側が素敵な会場は多いんですけどね。

梅田にあった、今は潰れてマンションに立て変わった外資系ホテルのプランナーさんに、
式場巡りをしてる時、面白い話を聞かせてもらいました。
ホテルのプランナーを集めて研修会のようなものがあったらしいのですが、
とある結婚式で有名なホテルは営業ノルマが苦しく、プランナーが育たずに辞めてしまう人が多いのが悩みなのだとか。
その話を聞いて興味をもってそのホテルに見学に行きましたが、対応して下さったのはやはり若い方でした。
そして、お決まりの今日契約をしてくだされば特別に○割引~など、契約を急かすトークもありました。
ホテル自体は雰囲気のある素敵なホテルなんですけど、うーんという感じです。
式場を決めるためのポイントの一つに、プランナーさんの年齢層というのもチェックしてみると良いかもしれませんね。